結納辞典   関西式結納飾り  
 
関西地方を中心とし、中四国地方に共通した結納の形です。松竹梅の水引飾りに結納金(小袖料)、
酒料(家内喜多留/やなぎだる)、肴料(松魚料/しょうぎょりょう)、の合計3つに分けてお金を包みます。酒肴料は結納金の一割程度を目安にします。
(例:結納金が100万円の場合、酒料5万円、肴料5万円)
 
太閤9点セット 関西式結納
 ■該当地域
  関西地方/近畿地方/
東海地方/中国地方
 ■解説
 写真は一番正式な形の結納品で、5点・
7点・9点とあるうちの9点フルセットの
タイプです。結納品は、松の下に結納金
竹の下に酒料、梅の下に肴料の金封を
置きます。5点セットは松・竹・梅と鶴・
亀、7点セットは5点セットに高砂人形と
指輪・記念品台が加わり、9点セットでは
さらにスルメとコンブが加わります。
カラフル2セット 関西式結納(コンパクトな結納)
 ■該当地域
  関西地方/近畿地方/
東海地方/中国地方
 ■解説
 大きくなりがちな関西式の結納品を、
品よく、狭いタイプの床の間にも合うよう
コンパクトに仕上げたタイプの結納セット
です。
関西では派手なタイプの結納飾りが好
まれますので、コンパクトタイプの結納品
を選ぶ場合は、大きな結納飾りに見劣り
しない豪華なタイプをお薦めします。
目録 関西式結納(コンパクトな結納)
 ■目録の宛名
 <家同士>が多い
(一部の地域で、<親同士>の書き方もござ
います。)
 ■解説
 こちらは、熨斗・寿恵廣・小袖料・結美和・
高砂・寿留女・子生婦・家内喜多留・松魚
料、以上、9点の目録となっています。 関
西式の結納では、目録を品目に数えませ
んので、ご注意下さい。
その他の地域>  関東式  九州式
     
結納屋さん.com